Sweet Survivor

青緑の狭間に生きる

とりとめのない話

〈覚悟してたはずなのに、〉

 

いや〜、覚悟してるつもりだったんですよ。小谷野さんの引退。なんだけど、悲しくてたまらなかった。来年もまた三塁/一塁の守備についてるんじゃないかって思った。

各種報道が出る前の日に舞洲にいないって話を見かけて上がるのかな、それとも何かあったのかなってやきもきしていた。

 

 

いつ引退してもおかしくないな〜〜なんて軽口ききつつも、一目見たいって思って今年は遠征してたので、一報きいて悪いことは考えてはいけないしその通りになっちゃうってほんとうに思った。前半戦、成績がよくなくてファンの皆さん( )から色々言われていたんだけどそれでもすきなもんはすきなんだって思っていたので喪失感というか寂しさがすごかった。

 

子どもはずるいよ〜〜泣いちゃうよけなげさに。。

聞き分けのいい女だと思ってたのに、いざ聞くと縋るようにやっぱりやめないって言ってよ、まだ見せてよ…って子供のようなわがままを言ってしまう自分がいて。

全然平気なわけないじゃん!!!!!おま!!!!!ボロ泣きだったよ!!!!

 

覚悟してるつもりだったのに心のどこかで来年もやってるはずって思ってた自分に気づいた。もう野球してるところ見られないなんて寂しすぎるよ。って終わってやっと気づく。だからその覚悟は本当の覚悟ではなかったのかなあと思ってしまった。気づけば毎年こういう後悔のブログ書いてる。かなしい。

 

話は変わりますが、

 

選手がすきってなんだろう、人間がすきってなんだろうって時々思う。選手のプレーがすきなのか、いい成績出せるからいいのか。成績が悪くなればその選手はどうでもいいのか。それとも選手の人間性がすきなのか、顔がすきなのか。尺度が人それぞれですきな気持ちも人それぞれだから、成績で選手を判断する人と成績以外で選手を判断する人は相入れないことがあり得るわけじゃん。

もっとわたしもドライに成績と指標とプレーだけ見られればいいのかなって思うときもある。そうだったら自分のすきな選手が成績あげられなくたってダメだ、ってドライに言えるしプレーだって良し悪しできっちりこの選手を使う価値があるかと考えられるだろうに。そうすれば他のファンに叩かれてもそれはそうだって傷つかずに受け入れられるだろう。

なんでわたしはすきな選手がよくない成績でもよくないプレーでも「期待してる!」といい続けてしまうんだろうか。どんなに他のファンに言われても「でもすきなんだよ!期待してるから許して!!」みたいな温情を求めてしまうんだろう。冷静に文字を打ってたら甘やかしてるそれなのではとまで思う。期待してるそれにしか理由がないのに。プレーに惹かれて、人間性に惹かれて応援してるのに結局甘やかしているようでは選手にとってよくないファンなのではと思うけどきっと今日も明日も応援してしまう。そんなダメなファン。

ヒーローインタビュー解析をやってみた。

 

秋山選手のヒーローインタビュー解析。

 

今回、対象としたのはパ・リーグTVのアーカイブに保存されているヒーローインタビューの中で2017年以降のヒーローインタビュー16回である。秋山選手がヒーローインタビューで発した言葉の中でバッティングに関する内容の言葉の概要をピックアップして、その内容に共通性があるのか、どのようなことを意識して試合や打席に臨んでいると推測されるのかについて分析した。

結果は以下の通りとなった。インタビューのだいたいの内容の中で共通する言葉を核として下図のように抜き出した。最も多かったのが打に関するワードで、ホームラン、つなぐと続く。ヒーローインタビューに呼ばれる機会にホームランを打ったりバッティングが好調の場合が多いため、打に関する言及は必然的に増えることが推測される。打ててよかった、打ちに行ったなどの言及や、打席に入った・バッティングができたなどの言及が多い。

 

打(打ててよかった、打ちにいった)

18回

ホームラン

10回

つなぐ(下位打線からつないできたので)

8回

塁(塁に出る・出塁)

7回

打席(打席に入った)・バッティング

5回・4回

 この中で特徴的なのはホームランに関する言及の内容である。通常ホームランに関して「野手からしたら特別な時間」や「放物線が頭に残る」などと好意的な言及が多い。(注)しかし、秋山選手の言及は異なる。「不調の始まり」や「ホームランは意識していない」、「ホームランはたまたま」などネガティブな言動も目立つ。他の選手が「唯一の自分の時間であり、特別な時間」と述べる中、ホームランに対する特別な意識がないことが秋山選手の打席での特徴として挙げられる。

 2点目に「ライナーが自分らしい打球」や「つなぎの意識を持って打席に入っている」といった言及から他のバッターにつなぐ意識を強く持っていることが挙げられる。ヒーローインタビューにも「下位打線からつないできた」や「みんながつないでくれたチャンス」などチーム全員に次のバッターにつなぐ意識を持って打席に入っていることが考えられる。

 (注)野手からしたら特別な時間などの言及は吉田正尚さんがアスリートの魂に出演した際の発言。

試合全体やチーム全体の現状について問われると「それは監督の考えることなので僕がいろいろ言うことではない」と口を閉ざし不機嫌そうになるのが印象的だった。15回連続してヒーイン見るとその選手の発言の傾向などがつかめるのでなかなか面白く、他の選手もやってみたいと思った。

2人の謝罪コメントに思うこと。

備忘録のように、この時の感情を残さなければならないと思った。

正直、この報道見て本当になんてことをしたんだと思った。ハニトラとかそういう感情もなく、騙されてたかはさておきアルハラをしたことは事実なんであって。ほんとうにみっともない。この後のコメントも読んで本当にこの人達がこういうことしたんだ、とやっと腑に落ちた。

きょう発売の一部週刊誌で私が未成年の女性と飲酒していたという記事が掲載されました。そして指摘された飲食の場に当時19歳女性が参加していたことが分かりました。私はこの女性から年齢を20歳と告げられていたため未成年者であるとは知りませんでした。しかし結果として未成年者がいる飲み会の席に参加し飲むことをあおるような声をかけてしまいました。こうした振る舞いは報道番組としてさまざまなニュースをお伝えし時には厳しい意見を述べてきた「news every.」のキャスターとして不適切であることは言うまでもありません。本当に申し訳ありませんでした。

 そこで私は「news every.」の出演を当面お休みさせていただき、その期間、活動も自粛し今回のことを反省し自分をしっかりと見つめ直す時間にしたいと考えています。この度は本当に申し訳ありませんでした。NEWS小山慶一郎 謝罪コメント全文「活動も自粛して反省し自分をしっかりと見つめ直す時間に」― スポニチ Sponichi Annex 芸能 

未成年だったこともだけど煽ったことに関して問題という意識に欠けてるのでは、と言わざるを得ない。

私事で申し訳ございません。このたび私が訪れた飲食店で同席していた、20歳とお聞きしていた女性が実際には当時19歳であることがわかりました。そして飲み物をあおるような掛け声を止めることができなかったことを深く反省しております。このビビットで様々な物事に関してコメントをしてきたことを思うと情けない気持ちでいっぱいです。情報番組に関わる者として自覚が足りなかったと思います。本当に申し訳ございませんでした。NEWS加藤シゲアキ生謝罪「自覚が足りなかった」 - ジャニーズ : 日刊スポーツ

2人とも、報道番組に関わるものとして自覚が足りないとか言ってるけど人間としてみっともないんだよ。報道番組に関わってないからアルハラしていいわけではないし、一人間としてしてはいけないことなんだよ。

わたしはいい歳してそんな飲み方しててそんな若い子と飲んでるようなみっともないアイドルだな、という印象だよ。それに、ファンに対しての謝罪とか被害者の方に対する配慮とかクソほどでてこない。

「これは報道番組に関わる者として、また一人間として飲酒の危険性を鑑みない軽率な行為だったと反省しております。また、関係者の皆様、ファンの皆様の期待を裏切るような行為を行っていたこと、被害者の方に苦痛を与えたこと深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。」とかさ。そういう文言がないのにも悲しかったなあ。これってファンのエゴなの?

わたしはこれでもクソみたいなファンだから応援するだろうけど本当にがっかりしたし悲しくて怒ってるんだよ。

 

許せるか、許せないか

どんなことやってても好きな人はそのもののことすきなんだなって最近思う。

法律に違反していようが、音楽に罪はないって思う人だっているし音楽は作者とリンクしていると思う人は音楽も罪だって思うわけじゃん。

別にそんなに重大な問題でなくとも親が嫌いな人間だってすきになることだってあるし、親や周りにその嗜好をとやかく言われたって好きなものは好き、となることも多いわけで。他人が好きか、嫌いかだけで音楽の優劣をつけられるほど、音楽って簡単なものではないような気がする。自分が聴いていてすきだ、と思えればそれでいいんじゃないかなあ。

わたしも最近いろいろ聴くようになってその人がネット上でとやかく言われてることも知っているけど、それでも好きなものは好きなものなんだなあと思ったこともあったし。自分のその音楽が好きな気持ちと問題に対する不快感のどちらが大きいかという話なんだろうなあと思う。

 

評価される人にはそれなりの理由があるんだろうなあと思う。たとえ運だとしても。メジャーデビューできる・できない1つにしたって何か基準がある。だから、自分にとってなぜ評価されているのか分からないものだって自分の知らない物差しでは評価されているだろうとしかいえないと思う。でも、自分の下した評価が間違っているかというとそうではないし、もっと評価されてほしいというのは当然の感情だと思う。

わたしはわたしの、あなたはあなたのものさしを持って物事を推し測って寛大に他者の評価も受け入れるべき、

 

1997年からはじまる宇宙旅行

 

NEWSの新譜「EPCOTIA(エプコティア)」がリリースされる。最初エコプティアなのかエプコティアなのかよくわかんなかったよね。なんて読むんだ??みたいな。

で、エプコティアなんですけどテーマが宇宙旅行なんですよ。

最高の音楽体験。感動の宇宙旅行
前作を超える、圧巻のエンターテイメントがここにある。
ようこそ、EPCOTIAへ。
そこは、まだ誰も経験したことのない未体験ゾーン。
EPCOTIAチケットを持って、NEWSと一緒に壮大な宇宙の旅へ出よう。
この春、きっと、忘れられない旅になる。*1
でた、NEVERLAND形式だ。「EPCOTIAチケット」ってなんなんだろう。絶対紙チケじゃないよね。デジチケですよ、アップルペイみたいなやつ。宇宙旅行をテーマにしたアルバムって他にあるのかな。他にもアルバムが複数あると宇宙の解釈違いとか起きそう。
まだEPCOTIAを聴いていない状態で自分の中で宇宙を感じたりもう少し幅を広げて近未来感のある曲をまとめれば、あとで比較するの楽しいだろう!!!ということで書いていくよ!!!!!
 
NEW MUSIC MACINE(Cornrlius) 
NEW MUSIC MACHINE

NEW MUSIC MACHINE

  • provided courtesy of iTunes
ブログタイトルを「1997年からはじまる宇宙旅行」とした通り、1997年に発売された曲。もうこのマシーンはぶっ壊れているんだけど、Bメロ(でいいの?)のメロが近未来感ある。単純なメロの繰り返しなんだけど不安になるような。20年前の曲なんだけど20年前という感じはしないし、最近パスピエというバンドがカバーしていてこっちはこっちで良い。
NEW MUSIC MACHINE

NEW MUSIC MACHINE

  • provided courtesy of iTunes

 

GOING TO THE MOON(Triceratops

GOING TO THE MOON

GOING TO THE MOON

  • provided courtesy of iTunes

 もう曲名から宇宙感ある。この曲のサビのベースラインが本当に上に行く感じがしてまじで天才なのでは??と思う。この曲もトライセラの代表曲。トライセラさいきんめっちゃすきですごい文献漁ったり動画みたりしているんだけどやっぱりすきだなあと思う。

 

Traveling宇多田ヒカル

 

 

traveling

traveling

  • provided courtesy of iTunes

 言わずもがな。

いつの間にかフラゲ日になってしまってやばい…と思いながら慌てて書きました。エプコティアを聴いた自分がどう思うかとても楽しみ。

 

 

 

 

2017年、すきだったなあというライブアクト

 

2017年、わたしは12月31日までバイトの出勤があったので年末感はあまりなかったけどバイト先の混み方は年末だったなあ。

ってことでライブアクトふりかえります。今年は去年野球ばっかり行った反省を踏まえてライブに積極的に行った。今年初めてワンマン行ったバンドとかアイドルとかある。ぜんぶめっちゃよかったんだけど、そんな中でこれはすきだったなあというか印象に残っているというものをピックアップします。

 

あやめ(NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND 6/10 東京ドーム公演)/加藤シゲアキ

 

NEVERLAND(通常盤)

NEVERLAND(通常盤)

 

 

見ている人に次は何が起こるんだろうってドキドキさせたり緊張感を持たせるようなライブって、ライブというもののある面において目指すべきものだと思っているんだけど、このアクトはそれがあったなあと思っていて。前評判からこれはすごいっていう話は聞いていたんだけど思っていたよりずっとすごかった。最初から加藤さんの一挙手一投足に目が離せなくなっていた。途中からなんか泣けてきて、、なんで泣いているのかもよくわからないんだけど、すごい彼のやりたいこととか伝えたいことが伝わってきたかのような気がした。大サビ部分の演出のスリリングさが伝えたいことの実現の難しさとリンクしているようで本当に好きだった。加藤さんは脳みそ露出狂とか言われるけど、自分の好きな人の考えを知れるなんてだいぶお得だと思うし、それだけで推しててよかった~と思う。ま、毎日思っているけど。加藤さんがサブカルクソ野郎なのすごいすきだし、なんならわたしも加藤さんのせいでサブカルクソ野郎になったわ。今も更新中。

 

あなたがいるなら(Cornelius Mellow Waves Tour 2017)/ Cornelius 

 「あなたがいるから」ではなく「あなたがいるなら」。だからには反復的・恒常的に起こる関係を表す意味があるのに対して、ならばにはならばの前に来る事象を仮定した場合にそれに対する話し手(書き手)の願望や命令を表す意味があるそう。*1 

このライブはめちゃくちゃストイックでかっこよかったしいまだに思い返すこともあるんだけど、この曲はアンコール前に演奏された曲。このツアーの前に出たアルバムの1曲目で、曲に魔法がかかっているかのようだった。一際大きな歓声が上がってあのドラムの音が鳴った瞬間、「わたしはこの曲を聴きにライブ見に来たんだなあ」と思った。この曲は演奏するのが非常に難しいとは思っていたんだけど、さらっとこなしているように見せるのが美学だしかっこよさをより感じさせられた。努力をした過程を隠さず汗をかいてこなすことももちろんかっこいいんだろうけど、努力を見せずにさらっとこなすことのかっこよさを感じた。こんな曲が日本にあることや、わたしも知ることができたことをうれしく思う。音楽は自由だし平等なんだなあと思った。そこにわたしたちの中の勝手な感情によって評価をつけているだけで。

 

去年もたくさんライブ見られてたくさん感動できたので今年もいい経験ができたらいいなあ。

 

成人式にこんなコスメ使って顔作ったぞ

 

 

さて。先日成人式に行ってきたのですがメイクを自分でやることになったのでその時に使ったものを紹介。みんなつけましててまじか~~~~と自分メイクの戦闘力の低さに悲しくなった。つらい。

ベースメイク

下地にはメディアのカラーコントロールのやつ(緑)とイプサのカラーコントロールのやつ(黄色)を使った。メディアのは頬周り、イプサのは他の部分につけた。メディアのは赤みは消せるけどカバーとか持ちとかそういうのは期待できないので割り切っていく(?)。イプサのはお姉さんにベースメイクしてもらった時にブルーほしいなあと思っていたら「イエローですね」と言われタッチアップしてみたら見事にきれいになっていたのに感動して買ったんだけど再現できているのかはわからん。

 

 

www.ipsa.co.jp

ファンデーション

アルビオンのスマートスキンベリーレアを使いました。マジョマジョの生ファンデが話題だけど個人的にはベリーレアの方が崩れ方がきれいで肌もきれいになる感じがする。毎日は使わないけどここぞという時には使う。下地なしで大丈夫なんだけどカラーコントロールは仕込んで使っている。ファンデーションはイプサのリキッドファンデイションも気になっている。

スマートスキン ベリーレア|ALBION

パウダー

パウダーはセザンヌのUVクリアフェイスパウダーとキャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーを使った。個人的にはセザンヌのパウダーの方が割れないし毛穴隠してくれる感じがしてすき。

 

セザンヌ UVクリアフェイスパウダー 01

セザンヌ UVクリアフェイスパウダー 01

 

 

 

アイブロウ

エクセルのペンシルとスクリューブラシとぼかすのついているのをつかった。眉にかける時間を短縮できる。最近ヴィセのパウダーも気になっている。

 

アイシャドウ

コスメデコルテのアイグロウジェムPU181をつかいました。これ、ぱっと見紫なんだけどつけると茶色になって不思議。めっちゃすきで大切にしたいから全然使えない。

www.cosmedecorte.com

アイグロウジェムは発色はっきりして濡れてる感があって他にもほしいなあとは思っている。最近使っているアディクションのアイシャドウがなくなったら検討したい。

 

リップ

記憶ない。多分レブロンのスティックの細いの。

後半はしばらくして書いたので心折れている。